芝刈り機の選び方

芝刈り機を選ぶポイント

芝のある家に住むのなら、芝刈り機は欠かせないアイテムです。

水や肥料を与えるのはもちろんのことですが、土を加えたり、通気性に気を配ったり、と美しい芝を保つためには手入れを怠ることはできません。

そんな芝の手入れで最も大切になってくるのが刈り込みです。


芝刈り機を選ぶポイントはたくさんありますが、最も重要であろうと思われるのが刈り込み方式です。

リール式とロータリー式の2種類がありますが、一長一短です。

簡単な特徴としては、リール式は刃がリール状になっていて、スイッチを入れると縦に回転する物で、ロータリー式は円盤状の刃が横に回転するものです。

美しい仕上がりを求めるのならリール式がおすすめですが、メンテナンスの手間があまりかからないロータリー式は初心者でも安心して使えるでしょう。

ロータリー式・リール式 芝刈り機の違い

ロータリー式の芝刈り機は、円盤にいくつかの刃が付いていて、それを回転させることによって芝を刈る仕組みで、チェーンソーのようなイメージです。

リール式と違って、横からスパッと刈ることになるため、長めの芝も楽に刈ることができます。

小まめに手入れするのは面倒だ、という人はこちらの方がいいかもしれません。


リール式の芝刈り機は、回転するリールに付けられた刃と固定されている刃をすり合わせることによって芝を刈る仕組みになっています。

はさみで切ったような、きれいな切り口が特徴といえます。

切り口がきれいな方が芝は丈夫に育つとされているため、美しい庭を作りたい人、芝の仕上がりにこだわりたい人は、リール式芝刈り機を選ぶといいと思います。

edit