庭でのガーデニング-植木

植木選び

ガーデニングをする場合に、庭に植木をする場合には、ある程度高さのある植木が可能です。

もちろん、鉢物でも植木は出来ますが、置き場所、鉢の大きさによって、植木の大きさにも限界があります。

植木に使われる種類としては、宿根草、一年草、常緑樹、落葉樹、コニファー、カラーリーフ、グランドカバー、などがあります。


植木を庭で行う場合には、家のシンボルとなるような木が一つあるといいと思います。

ただ、庭の環境や木、草花のことを理解していないと、枯れてしまったり、どんどん成長してしまったりするので、ガーデニングをする場合には植物の特性をよく理解しておきましょう。


また、ガーデニングをする場合、庭のスペースには限りがありますので、どんな庭にしたいのか、まずはプランを立てるのがおすすめです。

一戸建ての家で庭付きの場合であれば、植木をすると見栄えがよいです。

もし、庭がなくてもベランダや室内でコンテナガーデニングをすることも可能です。

ガーデニングプランをたてる場合にはイメージが重要になってくるので、絵に描いてみたりするのもおすすめです。

植木と庭の状態

ガーデニングで植木をする場合には、まず、庭の状態を把握しましょう。

・日が当たるのが何時頃なのか、

・西日はどうなのか、

・日陰になるのはどの時間なのか、

・風通しはどうなのか、

などを確認しておくと、環境に合った植物を選んで植えることができますし、植木のお手入れ自体も最小限で済むでしょう。


植物にとって一番よい環境は、日当たりと水はけが良い場所に植えることですが、湿ったところが好きな植物、日陰でも育つ植物、西日でも大丈夫な植物がありますので、ガーデニング環境に応じた植木をしましょう。

edit