モッコウ バラ

モッコウ バラの歴史

モッコウ バラについてご紹介します。

きれいな花にはとげがある、と言いますが、その代表格がバラ。

様々な種類があり、時に可憐に、時に妖艶に咲き乱れるバラの姿は、とげを隠し持っているからこそ美しいのだと言われるほどです。

でも、とげのないバラもあるんです。

それが、とげがなく、花の色によって香りが変わるというミステリアスなモッコウ バラ(木香茨)で、日本では古くから愛されています。

中国原産のモッコウ バラが日本に伝わったのは江戸時代です。

当時、日本を訪れたドイツ人医師、エルゲルト・ケンペルも日本でバラが栽培されていたことを記録に残しています。

一般のバラのイメージとは少し違う白や黄の八重咲きの花は、当時の日本の家屋にもよく似合ったのではないでしょうか。

モッコウ バラの魅力

日本で最初の植物図鑑である岩崎灌園の「本草図鑑」にも、モッコウ バラは掲載されています。

モッコウ バラには、白い花を咲かせるシロモッコウと、黄色い花のキモッコウがありますが、岩崎灌園が描いたのはシロモッコウです。

緩やかにしだれているその姿は、スダレイバラの別名を思い起こさせるものとなっています。


病気や害虫に強く、育てやすいのもモッコウ バラの人気の秘密で、大して手をかけなくとも、驚くほどに成長します。

白や黄色の小さな花がーチやフェンスを覆い尽くす姿は他のバラとは違った美しさがあります。

モッコウ バラにとげがないのは、真の強さの表れなのかもしれません。

神秘的なモッコウ バラに心惹かれるファンは少なくありません。

そんなモッコウ バラの花言葉は「純潔」、「あなたにふさわしい人」、「初恋」、「幼い頃の幸せな時間」。

モッコウ バラは、妖艶な真紅のバラとはどこか違う魅力に満ち溢れています。

edit