ハーブの種類・育て方

ハーブの育て方

多くのハーブは、水はけと日当たりのよい環境を好みます。

ハーブを植える場所には、あらかじめ腐葉土、堆肥などの有機質をたっぷりとすき込んで、水はけをよくしておきましょう。

水を与える時は、植え場所の土が乾いてから、根元に静かに与えましょう。

ハーブの株全体に水がかかるとむれたりする原因となってしまい、株が痛んでしまうので注意が必要です。

肥料もとても大切ですが、過剰に与えすぎると、ハーブは香りが弱くなることもありますので注意しましょう。

また、花が咲いた後は香りが落ちるとされているので、収穫する時期としては、花が咲く前に摘むようにするのがおすすめです。

激安ショップ 優良リンク集 ラティス ホース ベンチ エプロン

ハーブの種類

ガーデニングは、我々を癒してくれたり、ゆとりある生活を与えてくれますが、その対象とする植物は本当に多様です。

その選択肢の一つとしてハーブがあり、これを称して、ガーデニングハーブともいわれています。

もともと野生の世界各国の役に立つ植物を広い意味でハーブと呼び、その種類は数え切れないほど有り、原産地も世界中に広がっています。


ハーブの種類は、本当に多様で、代表的なものを並べてみても以下のような種類があります。

カモミール、コリアンダー、サフラン、サンフラワー、ジャスミン、ステビア 、バジル、ハイビスカス、ベルガモット 、マリーゴールド、ミント 、ユーカリ、ラベンダー、レモングラス 、ローズマリー

加湿を嫌うもの、成長が旺盛なもの、繁殖力が強いものもあります。

ガーデニングでハーブを育てる場合には、種類や育ち方が似かよっているものを組み合わせて育てるといいでしょう。


edit