エクステリアと花壇・庭造り

エクステリアとは

エクステリアという言葉をよく聞くようになりました。

エクステリアとは、もともとは英語の【exterior】で「~の外部・~の外面」という意味なのですが、
最近は、インテリアの反対語として用いられるようになりその言葉だけで「住まいの外装・外観」を表すようになりました。

昔からエクステリアが楽しまれてきたかというとそうではありません。

古代のお城には城壁がありますが、その程度にしか考えられていなかったんです。

つまり、敵が入って来なければそれでよかったわけです。現代のようにエクステリアを個性的に楽しむなんて考えはなかったようです。

さて、エクステリアを考える時のポイントをいくつかあげますと機能性、樹木や花の配置、そして街並みとの調和、デザインなどになります。

住まいを新築する場合のエクステリアにかける予算は、一般的に建築費の10%プラスアルファが目安です。

例えば、エクステリア工事には、玄関やアプローチ、ベランダなどのリフォーム、ガーデニング施工、テラス囲いやガーデニング・ルーム(ガーデン・ルーム)の設置など、多種多様なものがあります。

好みを充分に活かして計画してみて下さい。

また、今のエクステリアを自分好みに時間をかけて変えようとお考えでしたらまずは、アイテムから変えてみませんか?

例えば、敷き詰めて楽しむレンガやタイルにしても、かわいいデザインのものがたくさん売られています。

モザイクタイルなんて、本当に素敵です。家周りを自分好みに仕上げてみて下さい。

ベランダや庭での花壇・庭造り

ガーデニングとは、ベランダや庭で花や植物を育てることです。

花や緑をながめているだけでなぜか心が満たされる。そんな経験ありませんか。

それは自然が持っているエネルギーが、私たちに元気をもたらしてくれているのだと思います。

庭またはベランダが決まれば、プランニングをスタートさせます。

まずは植える作物の選定を考えます。

好きな花を優先するのか、食べる楽しみを優先するのか、美しさを優先するのかで種類は決まってきます。

それに合った条件を考えて植物が元気に育つ環境を整えてあげる心構えが大切です。

毎日が楽しくなるガーデニングの魅力。

土の手入れ、水やり、肥料のこと、虫の駆除、日当たりのことなどなど、子育てと一緒。愛情が大切。
手を抜いたら結果は直ぐ出ます。

判らないことが出てくれば、本を読み、調べ、人に聞くんです。ポイントはいつも気に掛けてやることです。

このガーデニングとは趣味であり、医療でもあります。

愛情を注げば、花はそれに応えてくれます。育てる楽しみ、咲いた時の喜び、そして広がる人の和。
癒しを与えてくれるガーデニング。植物を育てて、植物に育てられる。

そんな関係がガーデニングの医療としての効果をもたらします。

edit