防虫対策と花選びのポイント

防虫対策

ガーデニングで防虫対策を行なう場合には、殺虫剤や忌避剤が用いられるのが一般的です。

殺虫剤は、直接虫に噴霧するものや、地面にまいておくと植物が薬剤を吸収し、その葉を食べた虫が死ぬというもの、殺虫剤入りのエサを虫に食べさせるものなど様々なタイプのものがあります。

殺虫剤は即効性があり、防虫効果も長く持続するという特徴があります。

しかし、殺虫剤の毒性は非常に高く、誤って大量に吸い込んでしまった場合には中毒症状を起こしますし、強い発ガン性や催奇形性を有する物質を含んでいるものが少なくなく、少しずつでも体に蓄積された場合、深刻な病の原因にもなりかねません。

特にベランダのように、狭い場所でガーデニングを行なっている場合、そこで殺虫剤を散布すると、その吸引量は多くなってしまいますので注意が必要です。


また、殺虫剤の代わりとして近年注目されているものに、“忌避剤”があります。

ガーデニングでは、この忌避剤として木酢液などが用いられます。

木酢液には、殺虫剤のような人体に有害な成分もなく、また有用微生物が活発に働くようになるなど、防虫のみならず植物の生育にもよいと言われています。


また、ガーデニングにおいては、防虫対策として殺虫剤を用いるのではなく、虫を寄せ付けない工夫をするのもいいでしょう。

アブラムシなどは光るものを嫌うため、アルミホイルやCDの裏のようなキラキラ光るものをそばに置いておくと、寄ってきません。

花選びのポイント

ガーデニングで花を楽しむ場合、ガーデニングを始めたばかりの人が迷うのは、どんな花を植えたらよいのかということではないでしょうか。
一番よいのは、自分の気に入った花を植えることでしょう。

しかし、最初から育てるのが難しい花にチャレンジしても、枯らしてしまってガッカリなどということになりかねません。

ですので、初めてガーデニングをしようとする初心者の方は、まずガーデニングの専門店などに相談しながら、育てやすい花を選んで植えるのがよいでしょう。


次に気をつけなければならないのは、ガーデニングを行なう場所に合った花を植えることでしょう。

花にはそれぞれ性質があって、
日当たりを好む花もあれば、直射日光に当たると弱ってしまう花もあります。
また寒さに強い花もあれば、寒さに当たると枯れてしまう花もあります。

ガーデニングを行なう庭などの広さや日当たりや、その地域の気候に合わせた花を選ぶのが、失敗しないコツであるといえます。


次に、どんな土を選んだらいいかということですが、
土を選ぶポイントとしては、市販の園芸用土のような、水はけがよいものを選ぶといいでしょう。


あとは、水やりに気をつけるといいでしょう。
基本は、土が乾燥してから水やりをするということ。
水をやりすぎると、土の中が酸欠状態になり、根腐れを起こしてしまうことがあるので気をつけましょう。

edit