観葉植物

観葉植物のマイナスイオン効果

昔のような豊かな自然が失われつつある現代の生活様式では、身体に有害なプラスイオンが多く発生しています。

その悪いプラスイオンを中和するマイナスイオンを発生してくれるのが観葉植物の重要な別の側面であることはあまり認知されていません。


現在、日本で観葉植物として栽培されている植物は、およそ1000種以上あると言われ、その種類は非常に多岐にわたりますが、園芸店などで入手しやすい種類は一般的に栽培が容易で人気があるものに限られてきています。


観葉植物の寒さ対策

もともと、観葉植物は熱帯、亜熱帯植物が多く、日本より温暖な環境で自生しているものを観賞用に持ち込んだものです。
もっとも生育に適した原産地の環境が最良ですが、四季のある日本では、寒さ対策が観葉植物の手入れにはとくに重要です。
大抵の観葉植物は寒さに弱く、戸外での越冬は難しいです。

耐寒温度は観葉植物の品種によってさまざまで、10度前後で枯れ死するものもあれば、マイナス3度くらいまで耐えられるものもありますが、耐寒温度を超えてしまうとほぼ休眠状態になり、長期的に続くと春先に死んでしまうようなことになります。

その品種の耐寒温度を知った上で置き場所などを決める必要があります。
園芸店などでたずねておきましょう。


観葉植物の冬の手入れ方法としては、日中は暖かい窓際などに置き、日が暮れたらできるだけ窓際から離します。冷気が葉を傷めます。カーテンだけでもかなり防げます。
棚やテーブルの上にのせるのも効果はあります。

また、寒さ対策として、観葉植物をまるごと覆ってやれると最高ですが、鉢を囲ってあげるだけでも根が守られます。
ビニール、新聞紙、ダンボール、発砲スチロール等使えそうなものはどんどん使って、夜間の冷え込み対策をしてあげましょう。

観葉植物の水やりの仕方

鉢を持ってみて軽くなったら、観葉植物に水やりをしましょう。
何度もやるのでなく、一度にたくさん与えましょう。

肥料については、室内ではそんなに成長が早くないので、やり過ぎないように注意しましょう。少な目が基本と覚えて下さい。


あと、水やりについては、秋から冬にかけては徐々に少なくしていきます。

冬や越冬後に、観葉植物が枯れるのは低温のためより、水のやり過ぎや乾燥のし過ぎによることの方が多いものです。

冬場は2週間に1、2回で十分ですし、乾燥気味にすると耐寒性が強くなります。
暖かな午前中に、常温に戻した水を与えます。観葉植物の葉えの霧吹きも良いです。

また、暖房室内は乾燥するので、霧吹きで葉に水を与えるなどするのもいいです。

edit